トップ > ACA世界学生大会 > 世界学生大会2013

ACA世界学生大会

ACA世界学生大会2013 決勝戦

7月31日(水)~8月3日(土)(現地時間)にアメリカ ワシントンD.C.で決勝戦が行われました。
今回は、「The Global Fund for Children」という全世界規模で子供たちの支援を行っている団体から、ポスター制作を依頼されるという課題に挑みました。
日本代表と世界各国から選出された代表たちは、フォトショップを用いて1日がかりで作品を仕上げました。

その結果、記念すべき第1回ACA世界学生大会において見事世界9位に輝きました。
日本代表のコメントや決勝戦の模様をご紹介します。

決勝戦レポート

決勝戦1~10位までの作品はこちらをご覧ください。
決勝戦の作品はこちらから

ACA世界学生大会 2013 | 日本代表コメント


  • <フォトショップ部門 世界第9位>
    日本工学院専門学校 3年 加納 寛人さん

    日本代表として推薦されたときは喜びと世界という舞台に挑戦する期待とで胸が膨らみました。私は、Photoshopをイラストや漫画の制作に使用することが多く、本来の用途とは少し変わった使い方をしています。審査員の感性も加わるので、自分の表現方法が世界大会でどう評価されるのか不安でした。しかし、ここは自分の専門とする分野で攻めようと思い、大会に挑みました。
    決勝戦は出されたテーマに沿って、ポスターを1日かけて制作するというものでした。他国の代表がどんどんデザイン性の高い作品を完成させていく中、「本当に自分のやり方でいいのだろうか」という不安感が蘇って来ました。
    世界大会という、とても張り詰めた空気と自分を信じきれない気持から、泣きたい気分にもなりました。しかし、悔いは残さないようにと思い、時間ギリギリまで粘りました。
    決勝戦終了後、現地の試験官や大会主催スタッフの方に「この緊張感の中、よく完成まで辿り着くことができましたね。素晴らしいです。」と言って頂けた時は本当に嬉しく感動しました。外国の方の温かみに触れることができました。結果は9位でしたが、多くの参加者がいる中、上位に評価されたことをとても嬉しく思います。自分を信じて、最後までやり切れて良かったと思います。
    今回の大会で、自分は精神的に一つ成長できたと思いますので、このことを今後の人生の糧にしていきたいと思います。

6月17日(月)に東京国際フォーラムで「ACA世界学生大会2013」表彰式を開催しました。弊社代表の出張より表彰状を進呈しました。以下に、決勝戦に向けた日本代表のコメントと表彰式当日の模様をご紹介いたします。

 フォトショップ部門 日本代表 日本工学院専門学校 3年 加納 寛人

※ 敬称略

  • ACA世界学生大会は学校の先生方の紹介で知り、応募しました。入賞するために、フォトショップの教則本を読み、実際に自分でひとつひとつの機能を確認しながら試しました。今回、日本代表に選出されたことを、とても嬉しく思います。
    決勝戦では、他の部門とは少し違い、与えられた素材を使い、自分の作品をつくり上げると聞いています。初めてのことなので、正直緊張しています。
    作品として形に残るので、知識以上に個性や技術が必要になります。
    各国の代表との交流を通じて、今後の制作活動においても、とてもいい刺激を受けると思います。専門学校で学んだことと試験勉強で得た知識を活かして、ベストを尽くしたいと思います。

協賛企業

アドビシステムズ株式会社

【エアラインスポンサー】
全日本空輸株式会社
全日本空輸株式会社