トップ > ACA世界学生大会 > 世界学生大会2019 > ACA世界学生大会2019 NEWS

ACA世界学生大会 2019 NEWS

ACA世界学生大会2019決勝戦の課題提供パートナーが発表されました。

決勝戦は、NPO(非営利団体)より仕事を依頼されたという想定のもと課題が与えられ、現実の仕事と同じような状況の中で制作し成果物を競います。

2019年の課題提供パートナーはNABUに決定しました。
この団体は、オンライン読書システムを提供することで、識字率の向上に貢献する非営利団体です。 作家やイラストレーターを指導し、子供たちが読み方を学ぶことができるように、現地の言葉を使ったオリジナルの本を作成しています。

各国代表の学生たちは「NABUから仕事を受注した」という設定のもとに、アドビのソフトウェアを駆使して作品を制作します。

2018年入賞者と作品

作成にあたっては、作品の要件などの指示のほか、NABUのロゴ、画像などのビジュアル素材も提供されます。
ソフトウェアは、アドビ クリエイティブ クラウドの主要ツールであるAdobe Photoshop® CC、Adobe Illustrator® CC、Adobe InDesign® CCが利用でき、審査は、創造性、技術力、クライアントからの移行や要件に沿っているかなどの各方面から行われます。

決勝戦課題
「NABU」から依頼された作品制作

NABU共同創設者兼ディレクター イサベル・シェインマン氏
世界的に見たとき、低学年の子供達向けの現地語の本が圧倒的に不足しています。その結果、子供たちが読み方を学ぶことができないのです。私たちNABUの活動は、現地のことばでオリジナルの読み物を作成し、読書を通じて子供たちが潜在能力を十分発揮できるように支援することです。これらの読み物を、接続状態が不安定な地域でも使用できる私たちの読書アプリを通じて配信し、誰でも平等に読み方を学習できるようにしています。
私たちはサーティポート、アドビと提携し、ACA世界学生大会のクライアントとして私たちの使命をさらに前進させられることを嬉しく思います。決勝戦の出場者たちが作成するすばらしい作品を見られることを楽しみにしています
決勝戦大会主催団体 ピアソンVUE バイスプレジデント 兼 ITゼネラルマネージャー レイ・マレー氏
私たちは毎年、非営利団体のクライアントの協力を得て、ACA世界学生大会の決勝戦出場者に本物のデザインコンテストに挑んでもらい、学生たちのAdobe Creative Cloudを使いこなす能力を披露してもらっています。
私たちはNABUの、識字率向上に向けた取り組みに感銘を受けました。決勝戦で、NABU の使命達成をさらに後押しするようなクリエイティブな作品が学生たちから出て来ることを期待しています。
Adobe グローバル教育プログラム責任者 テイシー・トロウブリッジ氏
アドビは、創造性は前向きな変化のための触媒であると信じています。ですから、私たちは今年の学生たちがNABUのために作品を作ることになって、非常に楽しみです。
学生たちが世界の識字率向上のためのNABUの活動に刺激を受けて、この大会が終わってからも自分たちのデザインスキルを社会的貢献のために役立て続けてくれることを願います。